きものクリニック

きものクリニックきものリニューアルお仕立てについて

 

お仕立てについて
当店のお仕立は、信頼できる技術を持つ国内の和裁士による手縫い仕立です。お着物のお仕立て・お直しについてお気軽にご相談ください。

「国内・海外」と「手縫・ミシン」

国内の熟練和裁士が少なくなった最近では、主にネット通販店等では人件費の安価な国外での反物の仕立が多くなってきました。海外仕立ては、標準的な加工内容であれば手軽で仕立代も安価です。出来上がりは縫製工場の技術にもよりますが、標準加工後の細かな調整や古いお着物の部分直し等への対応は難しいです。一方、手縫いとミシンによる縫製がありますが、ミシン仕立のお着物は、後日、別の寸法で仕立て直し等をする場合には解いた着物の生地が手縫いに比べ痛みがちで、縫い跡(針穴など)も目立ちやすいというデメリットがあります。

お仕立て価格

国内和裁士による手縫いのお仕立です

 【 お 仕 立 て 料 金 一 覧 】 店頭・通販共通  

■ お 仕 立 て■ お仕立てに伴う加工
きもの種類仕立て代(税別)湯のし代湯通し代
振  袖¥40,000¥4,000
黒 留 袖(比翼付)¥45,000¥4,000
色 留 袖(比翼無し)¥28,000¥4,000
訪 問 着¥28,000¥4,000
色 無 地¥25,000¥2,000
小  紋¥23,000¥1,800
 紬¥25,000¥2,000
色 無 地
¥20,000¥2,000
小  紋¥20,000¥1,800
 紬¥20,000¥2,000
喪  服( 夏 )¥20,000¥1,800
喪  服( 冬 )¥25,000¥2,000
道 行 コ ー ト¥28,000¥1,800(小紋)¥2,000( 紬 )
長 襦 袢( 振袖用 )¥18,000
長 襦 袢( 一般用 )¥15,000
洗えるきもの・ウールのきもの¥18,000
浴  衣¥12,000

※上記の表示料金(H28年6月時点)はすべて税別価格です。


「湯のし」、「湯通し」とは

湯 の し
布地のしわや縮を伸ばして布幅を一定にそろえるために布地を蒸気の中にくぐらせる加工工程。訪問着地、中振袖地、留袖地、喪服地の幅出しに、反物を着物に仕立てる前の仕上げに行われます。
湯 通 し
織物を温湯の中に通して、製織中についた地糊を取り除くとともに、布地に光沢とやわらかさを与えるための織物仕上げ工程。大島紬や結城紬など、織物新品反物状態の時に地糊が強めに入っている反物を柔らかくするために行います。湯通しした後は、湯のしを行います。

「きもの処」商品のお仕立てについて

【 ネットご注文商品のお仕立て 】

【 お仕立ての内容ついて 】

お仕立てをご注文の際は、「お仕立注文フォーム(PDF)」(寸法他)をご記入ください。もし寸法がよく分からない場合は、ご自分に合ったサイズのお持ちの着物または長襦袢をお仕立する商品と一緒に送ってください。

→【 ご参考 】きもの各部の名称と仕立寸法の採寸について

↑ページ先頭へもどる↑

TOP