沖縄の美しき青き海を、魚が笑い、海老が舞う

人 間 国 宝  金 城 次 郎  の 作 品

金城次郎の魚文丸壷

壺屋焼伝統を受け継ぐ職人であり、沖縄第一の民藝陶芸家(本人は陶工と語っていますが...)
世界にも注目された日本を代表する人間国宝。
ロクロの名手は、線彫りから刷毛目、指掻き、流し掛けなど様々な技法を自由自在に用いて、
沖縄の笑う魚や舞う海老、唐草模様、幾何模様などを描いた多様で独特な作品を生みだしました。
鑑賞美術品でなく、原点は日用雑器。
次郎さん自身の人柄が滲み出る、親しみやすくて、大らかなのに力強い作品たちは
他の人間国宝をはじめとする陶芸家にはない何かをはなって、今も見る者を惹きつけてやまない。



− 金 城 次 郎 ・ 陶 歴 −

 1912年(大正元) 沖縄県那覇市与技に生まれる。
 1924年(大正13) 壺屋の名工新垣栄徳の製陶所に従事、陶器を習う。
 1946年(昭和21) 那覇市壷屋に窯場を開き独立。浜田庄司や河井寛次郎らの指導を受ける。
 1956年(昭和31) 第30回国展にて新人賞受賞。
 1958年(昭和33) ルーマニア国立民芸博物館に「抱瓶」と「魚文大皿」2点が永久保存される。
 1967年(昭和42) 第一回沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞。
 1969年(昭和44) 第43回国展にて会友優作賞受賞。日本民藝館賞受賞。
 1971年(昭和46) 第一回日本陶芸展「白掛魚文線大皿」入選、海外巡回展。
 1972年(昭和47) 読谷村字座喜味に登窯を築く。沖縄県無形文化財(技能保持者)に認定。
 1973年(昭和48) 国画会会員となる。
 1977年(昭和52) 労働省「現代の名工」として表彰される。
 1981年(昭和56) 勲六等に叙し瑞宝章を受賞 
 1985年(昭和60) 重要無形文化財「琉球陶器」の保持者(人間国宝)に認定(沖縄県初)。
            昭和60年度沖縄県功労章受賞
 1993年(平成 5) 勲四等瑞宝章受賞
 1997年(平成 9) 作陶を休止。
 2004年(平成16) 12月24日、心筋梗塞のため逝去( 92歳、戸籍上では1912年生まれですが、
            出生届が1年遅れていて実際には1911年生まれで、93歳でした。)
金城次郎・壷屋時代の魚文角瓶

【 金城次郎の作品 】 |  |  |  |  |  |  |  |  |□古美術処トップへ
 
 
 
★ 「 金城次郎の作品 」買取り致します ★

買取のご相談、査定・見積りをご希望の方は、
メ ー ル( 作品サイズを記載の上、作品および共箱の写真を
お送りください。迅速に概算見積をご回答させていただきます。 )
または、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
 
金城次郎 買取査定
 
ご注意▼ 当店からのメールを受信できない場合があります
(主に携帯メールをご使用の場合)お客様の迷惑メール設定等
によっては当店からお送りしたEメールが受信されずに
破棄されてしまうことがありますので、ご確認ください。
PCのEメールのご利用をおすすめいたします。
 

【 金城次郎の作品 】 |  |  |  |  |  |  |  |  |

古美術処トップへ戻る   人間国宝の作品へ戻る

京乃屋のトップへ