茶道具

PAGEMenu

★商品画像をクリックすると詳細を表示します。

商品No:Z-4091
初代 市野信水 丹波瓢形一輪花入
市野信水 丹波瓢形一輪花入

■高15.3×径9.5cm、底部に掻き銘
■共箱

作者は、丹波焼を代表する茶陶名工と知られる初代 市野信水。固く焼締まった素朴な自然釉の肌や、おめでたくメリハリのある瓢形の造形が良い。掛け花入、置き花入として茶席に相応しく用いることができる一品。

初代 市野信水( Itino Shinsui )

1932年(昭和7)〜1997年(平成9)、丹波焼の陶村・兵庫県の立杭に生まれる。立杭の尾中に穴窯、登窯を築き、作品は日展や日本伝統工芸展等で入選多数、高松宮殿下へ茶入・茶碗の献上。日本工芸会正会員、丹波焼を代表する名工・茶陶作家として知られる。

価 格(税込):¥38,000

商品No:KOZ-369
山本陶秀 備前花入
山本陶秀 備前花入

■高22.7×径11.5cm、底部に掻き銘
■共箱(痛みあり)

陶印「万」を用いていた若い頃の作品。一見荒々しくもある豊かな表情を見せる景色や細かな趣向のある造形に、新鮮さや変化といったものを求めたような作陶姿勢がうかがわれる作品。

山本陶秀( Yamamoto Tosyu )

1906年(明治39)〜1994年(平成6)、岡山県備前市生。本名、政雄。1933年、備前市伊部に築窯独立。京都の陶芸家楠部彌弌に師事。伝統技法をふまえながら、特に茶陶に独自の境地を開き、「ロクロの名人」と呼ばれるほど轆轤技術の最高峰を極めた。1954年、岡山県重要無形文化財保持者。1959年、ブリュッセル万国博覧会で出品した緋襷大鉢がグランプリ(金賞)を受賞。1976年、紫綬褒章を受章、1982年、勲四等瑞宝章を受章。1987年に「備前焼」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。1991年、備前市名誉市民。

価 格(税込):¥100,000

商品No:KOZ-317
永楽善五郎(妙全)青交趾花生
永楽妙全 青交趾花生

■高25.2×口径9.4×底径6.4cm、底面に印銘「永楽」
■共箱

十四代 永楽善五郎(妙全)( Eiraku Myouzen )

1852年(嘉永5)〜1927年(昭和2)。千家十職・焼物師の永楽家十四代、得全の妻悠。得全が歿した後、十四代代善五郎を名乗り、甥の山本治三郎(のちの15代善五郎正全)を育てながら、家業を継続、優美な作品を残した。三井高棟翁より「妙全」を賜わる。作品の箱書には善五郎と書き記し、三井高棟から受けた『悠』の朱印を押した。

商品No:KOZ-378
藤原 雄 備前掛花入
藤原雄 備前掛花入

■高14.5×径(金具含)10.4 p、側部に掻き銘
■共箱、共布

藤原 雄( Fujiwara Yu )

1932年(昭和7)年〜2001年(平成13)、岡山県備前市穂浪生。人間国宝・故 藤原啓の長男。海外でも高い評価を受け、1967年に日本陶磁協会賞受賞。1980年、県指定重要無形文化財保持者。1996年、人間国宝に認定される。アカデミア芸術・文化大賞受賞、紺綬褒章受賞。

価 格(税込):¥65,000

ご注文はこちらより

TOP